本文へスキップ

 広島市の資源ゴミ回収、古紙回収の事なら古江商会にお任せ下さい。弊社は古紙の加工卸売り業を専門とする総合リサイクル会社です。

     TEL. 082-231-5570

        株式会社古江商会
        〒733-0032 広島市西区東観音町30番8号

事業内容BUSINESSE

古紙回収からリサイクルまで

新聞や雑誌、ダンボールなどはリサイクルすることでトイレットペーパー、再生紙などに生まれ変わります。
また、古紙回収をご利用頂くと、ゴミの処理の効率化・コスト削減なども期待できます。



○○○○○○○○イメージ

「工程① 「古紙の再生」」

自社回収から、一般のお客様や委託業者の古紙をお取り扱っています。
自社であれば、段ボールから雑誌類など特定品目を決め回収いたしております。その品目は多種多様です。



○○○○○○○○イメージ

「工程② 「古紙の回収・処理」」

回収後は計量測定器で荷重を計量いたします。1日の総荷重 は約40t~50t多い時で70~80t近くを占めます。


○○○○○○○○イメージ

「工程③ 「分別作業」」

工場内に降ろし各種類ごとに分別していきます。紙の種類は様々です。一見同じに見える紙でも品目ごとに徹底した分別をしていきます。
特に個人情報に関する書類管理には細心の注意を払い強化しています。




○○○○○○○○イメージ

「工程④ 「破砕・圧縮梱包」」

分別後ベルトコンベアーに流し、制御盤で操作しながら圧縮作業に掛かります。
横幅約1、5m高さ約1m、1日に約50本~60本の製品が出来上がります。出来上がり後は製品に不備がないか、こちらも徹底した製品管理を行っています。




○○○○○○○○イメージ

「工程⑤ 「出荷・リサイクル」」

一定の本数が溜まれば大型トラックに積み製紙メーカーに納品します。
また、その日の製品はその日に納品を目標に、在庫を残さない形で身軽な対応を心掛け 取り組んでいます。



「機密文書処理の流れ」


厳重に管理し、機密文書をしっかり溶解処理いたします。

セキュリティの安全面を考慮し、重要書類を開封せず溶解処理致しております。

① 機密文書の回収 
皆様の家庭やオフィスから出る機密文書を回収します。
② 製紙メーカーに搬入
皆様から回収した機密文書を開封する事なく、製紙メーカーに直接搬入します。
③ 溶解処理
製紙メーカーにて溶解処理を行います。
④ リサイクル
溶解された古紙はリサイクル用品となって再利用されます。
⑤ 溶解証明書の発行
古江商会による溶解証明書を発行し、皆様にお届けいたします。





※文書は全て再生資源化(リサイクル)されます。クリアファイル・ビニールカバー等、又、金具を含むリングファイル
 は完全除去し、書類のみで梱包をお願い致します。ただし、ホッチキス・少量の紐類はそのままで
 結構です。ご協力をお願い申し上げます。

オフィスや自治体から出る大量の機密文書に関しては、弊社スタッフが伺います。
お気軽にお問い合わせください。




バナースペース

株式会社古江商会

〒733-0032
広島市西区東観音町30番8号

TEL 082-231-5570
FAX 082-293-1458


ISO27001認証取得

情報セキュリティマネジメントシステム、2016年6月に情報セキュリティの国際規格であるISO/IEC 27001 (JIS Q 27001)の認証を取得しました。情報漏洩等が社会問題となるなかで、当社は個人情報を含むお客様の大切な情報をお預かりする立場として情報セキュリティの重要性を認識し、情報保護管理体制の強化に努めてまいります。今後もお客様の重要な情報を保護するために、全社をあげた活動に取り組んでまいります。

ISO14001認証取得

当社は2008年1月にISO14001を認証取得しました。ISO14001とは、「持続可能な開発」をテーマに、法規制の遵守にとどまらず、自主的、継続的に環境保全に取り組むためのマネジメントシステムを定めた国際規格です。常に環境に対する意識を持てるようコミュニケーションの充実を行い、地域の方々と環境保全に対して取り組んでいけるように活動を広げていきたいと思います。

古紙回収致します

ご希望に合わせた回収条件や回収方法を考慮致します。事務所移転時や一般家庭の引越し時に古新聞や古雑誌、他紙類全般が多く出る場合にも、お引取りに伺いますのでお気軽にお問い合わせ下さい。大量に作成されたチラシやパンフレット・カタログ・雑誌等なども回収致します。弊社で回収した古紙は、再生紙を作る為の原料として全てリサイクル処理致します。

PR



山口産業株式会社では、産業廃棄物
収集運搬、特別管理産業廃棄物収集運搬を承っております。
手選別による分別作業によりリサイクル率の向上をはかり、活かせる廃棄物はできる限り資源として再生させることを念頭に業務に当たっております。